肝臓の疲労回復作用にアミノ酸は ?

アミノ酸の中には疲労回復に役立つものがあると言われています。
遊離アミノ酸の一種であるオルニチン。このオルニチンは肝臓の働きを助け、疲労回復にも効果を発揮すると言われています。肝臓はお酒を飲む人でなくても疲労してしまうことがありますので気をつけなければならない臓器ですし、毎日のようにお酒を飲んでいるのなら尚更リスクが高くなります。
オルニチンを多く含む食材にはしじみやマグロ、ヒラメ、チーズなどがあります。しじみはお味噌汁で飲んで肝臓対策にしている人もおおいようですが、毎日では飽きてしまいますので色々な食材を使ってバリエーションをもたせていくことが大切です。
体が疲れてなかなかその疲れた抜けない時、普段と変わらない生活を送っているのにも関わらず起こってしまったのなら肝機能の低下が疑われます。肝機能が低下すると疲れやすくなってだるく感じたり倦怠感に悩まされるようになります。
肝臓は沈黙の臓器と言われていますので傷みなどほとんど感じないと言われていますが、体内で栄養素の分解や合成、解毒作用が上手くいかなくなると体調面に影響が出てきます。
特に解毒作用が低下すると大変ですので、オルニチンを上手く活用していくことが大切ですね。
肝臓の疲れを復活させる

ホーム RSS購読 サイトマップ